テトテ

日記というか日記です

新生児のミルク臭いは危険です

 新生児はミルク臭がすると言われますが、一度嗅ぐと忘れられないですね。

  新生児が生まれたときは、しばらくは新生児がいる部屋全体がミルク臭がする状態が続くので、あれはいい臭いですね。

 

 そりゃあ、ミルクしか飲んでいないので、ミルクの臭いがしてもおかしくないのですが、あの臭いは他にはない独特の臭いですよ。

 

 ミルクの臭いの香水はいろいろありますが、香水はかなり甘ったるくて、まとわりつくような感じがしますが、私生児のミルク臭は、ほのかに柔らかく漂う感じで、強くはないけど、存在感がありますね。

 

 自然にある臭いはやはり作るのは難しいのでしょうかね。

 

 ミルク臭がする間は隙さえあればクンクンしていました。

 

 妻もミルク臭がいい臭いだという感覚があるので、クンクンしているのは止められたことはないですが、あまりにクンクンしているとうるさいので、それは注意はされましたね。

 

 新生児のミルク臭は数カ月しかないので、その時期を過ぎてしまうと、時期にもよりますが、途端に汗臭くなってしまうこともあるので、その時はちょっとがっかりします。

 

 これから、お子さんが産まれるのであれば、あのミルク臭は思う存分、嗅いでおいてくださいね。

 

 大きくなってくると、一人前の人になるので、立派に汗臭くなってくるので、限られた時間は大切にしてください。

 

 あ~、クンクンしたい。