読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトテ

日記というか日記です

子どもの教育で足らないこと

 自分が大人になってみて感じた、子どもの教育で足らないことは家庭教育の中で取り入れてみようと思っていますが、あなたはいかがですか?

  私が子どもの教育で足らないと思っているのは、言語・金銭・考える・討論の力だと思っているので、家庭教育の中に取りいれてみようと思っています。

 

 言語は私も苦手なのですが、妻が得意なので、妻の力も借りながら、私が勉強をするつもりでやっていて、家族で勉強をすれば、子どもも勝手に巻き込むことが可能なのではないかと思っています。

 

 自分はやらないけど、子どもだけにやらせて、出来ないと怒るのは、自分が子どもだったら、言うことを聞こうと思わないので、我が家では親も積極的に関わるという方針で考えています。

 

 仕事でも自分はやらないし、調べもしないけど、お前は必要だからやっておけと言われたら、そんな人の言うことは聞こうという気持ちが起こらないのではないでしょうか?私は起こらないです。

 

 ということで、我が家では何かを子どもさせたいのであれば、親が積極的に参加をして、一緒にやっていこうというスタンスを貫こうと思っています。

 

 金銭に関しては、お金を使うかデモにするのかはその時になってみないと分かりませんが、期間と予算を決めて、起業の株を買うというのをゲームとしてやってみたいと思っています。

 

 もちろん、本当に株を買うとお金がかかるので、その時の状況次第にはなりますが、会社とは何か、お金とは何かを学ぶのに、これ以上の教材はないのではないかと思います。その時には、家族全員が同じ予算で、同じ期間で運用成績を比べるということをしたら、お金に関しての教育はほぼ出来るのではないかと思っています。

 

 考える・討論は学校教育では取り扱うのが難しいと思うので、家庭教育の中で取り入れていこうと思っています。学校教育では成績を決定しないといけないので、考える・討論という答えがない物は成績評価に適していないので、学校以外での教育として取り入れるのがいいのではないかと思っています。

 

 例えば、家庭の中で、欲しいものがあったときには家族予算も決定しないといけないので、説得をするプレゼンの機会を設けてみたいと思っています。ただ、欲しいからという理由だけではなく、何故、必要なのか?というのを考えてみてもらいたいと思っています。