読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトテ

日記というか日記です

生命保険の支払いは車一台分

 私は2級FP技能士の資格を取っているので、生命保険に関しても一般の人よりは詳しいですし、不勉強な生命保険会社の人よりも詳しい状態ですが、生命保険は車一台分の支払いになるので、加入するときにはよく考えた方がいいのではないかと思っています。

  例えば、どんな保険かというのは置いておいて、1か月5000円程度の保険に入ったとします。保険を勧める側からしたら、一日ペットボトル1本分の料金で保証が受けられるのでお得という話になりますが、実は車一台分の支払いになることが多いです。

 

 先ほどの月5000円の例ですが、12か月であれば6万円になりますよね。

 

 生命保険は種類によりますが、長い物だと数十年になるので、ここでは25歳から加入をして65歳まで支払ったとすると、支払い期間は40年になるので、支払い総額は240万円になります。

 

 月々の支払いなので、気づかないことも多いようですが、それだけの高額な商品なので、本当に必要なのかを考えることと比較も重要だと思います。

 

 物によっては、更新によって値段が上がるものがあるので、支払い総額はさらに増えることがあります。

 

 我が家の保険は二人で話合った末に、必要最低限で、お金をかけすぎないというので一致をしたので、私が2級FP技能士を取得して、自分の保険を見直し、妻がお金の書籍を読んで、保険を見直した状態です。

 

 分かりにくいものは支払いが多くなることが多いので、比較的シンプルにまとめています。

 

 万が一に備えるのが保険という物なので、仕事が出来ない状況と死亡したときに対しての保証はしっかりとして、医療保険は検討しませんでした。医療費がかかるようになるのは基本的には高齢になってからになりますが、その場合でも高額療養費制度と医療費控除という二つの制度がかなり守ってくれることになりますよ。