読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトテ

日記というか日記です

バイオ株投資について考えてみる

 私は株式投資も行っていますが、へっぽこ投資家なので、下落では何度も痛い目に合っているので、資産を築くというは長い時間がかかりそうだなと思っているところですが、バイオ株が好調みたいなので、創薬に関して勉強をしてみました。

  新薬の開発は15年程度かかり、1000億円のお金がかかることがあるようですが、成功する確率は3万分の1程度みたいですね。

 

 確かに、バイアグラ狭心症の薬として研究されたのが、狭心症に効果がなかったけど、勃起をさせる効果があったから勃起不全の薬として販売をされたというのは知っていましたが、もし、勃起不全にも効果がなかったら、バイアグラは薬として認定されなかったでしょうから、開発にかけた時間とお金は回収できなかったということですね。

 

 薬として販売をされることになっても重篤な副作用が生じてしまえば、商品の回収だけではなく、企業イメージも低下をしてしまうので、リスクも非常に高いものですね。

 

 しかも、薬が出来上がって売れたとしても、薬には特許という期間があるので、特許が切れたら、他の会社が同じ薬品を作ることが出来るので、販売優位性が失われてしまって収益が大きく低下をしてしまいますね。

 

 一般に聞く話だと、先発医薬品、後発医薬品ジェネリック医薬品)という分類ですが、日本だとジェネリック医薬品の普及は進んでいない状況ですが、保険制度の財政は厳しいので、これからはジェネリックを中心になっていくのは止められないので、医薬品で稼ぎ続けるというのは本当に大変なことなのですね。

 

 しかも、創薬できないと、売上にならないので、新興のバイオは赤字企業が多いので、売上がどうなるかは予測を立てないといけないので、これまた難しいと言えますね。

 

 ただ、病気を克服しようとする姿勢は社会に取っては大切なので、現在の業績で投資をするというよりは、夢を買う、応援するという姿勢ではありなのかもしれないですね。どの企業も奥が深いですが、バイオはより独特なのかなと思います。

 

 まだまだ勉強しないと何がいいのかさっぱり分かりませんね。