読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトテ

日記というか日記です

40代の私にとってがん保険は必要か再度考えてみました

 私の母方はがんの家系なので、がん保険が必要という話になることは多いですし、あなたの周りでもがんになった人は多いのではないでしょうか。

 

 がんになると治療費のほかに、検査も必要になってくるので、かなりのお金がかかると思うので、がん保険は必要かなと思って入っている人も多いのではないかと思います。

 

 私は、がんにかかった場合は治療費がかかるのは当然なのですが、どこまで治療をするのかを考えたときに、明らかに治療方法がないのに闘病するのは辛いことなので、闘病で苦しむためにお金を預けるよりは、楽しむために使いたいと思ったので入りませんでした。

 

 その後、結婚をして子どもが出来てから、がん保険について考えるようになったのですが、保険の支払いは毎月支払う固定費なので、固定費として考え、必要かどうかを考えてみました。

 

がんにかかる医療費

 厚労省の統計によると、がんは日本人の死亡原因としてトップになるので、日本人の3人に1人ががんで亡くなっていると考えられますが、どのぐらいの医療費がかかっているのでしょうか。

 

 がんにかかる医療費は、がんの状態や人によっても大きく変わるのですが、年間では50~100万円というのが一般的なようです。がんと言っても生命の危険があるようなものから、経過観察で済むような場合もあるので、費用はバラバラになるのは当然ですね。

 

 年間100万円を支払うとしたらかなりの家計負担になるので、がん保険に入った方がいいという話が多いですね。

 

医療制度

 どんな健康保険でも存在している制度に高額医療費制度というものがあります。これは、ある一定の医療費がかかると高額な医療費を補助してくれる制度になるので、実はどんな保険よりも優れているものです。

 

 この制度を利用すれば、年収770万円未満の人であれば、1か月にかかる医療費の限度額は87000円ほどになります。ちなみに、がん保険であれば、がんと診断されたら保険が支払われるものですが、一生を保障するわけではなく、そのときに見つかったがんに対しての支払いになります。

 

 高額療養費は、高齢者になっても誰でも使える制度ですが、がん保険ではその時の対応という違いになります。

 

 高額療養費は保険外の診療などについては支払いの対象になりませんが、他にも医療費控除という制度があります。医療費控除ではあまりお金が戻って来ないという人もいますが、医療費控除は所得税と住民税という2つに対して効果を発揮するもので、戻ってこないというのはその年の所得税から戻ってこないという話ですが、次年度の住民税にも効果があるので、医療費がかかっている世帯は利用するべき制度になります。

 

がん保険の費用

 がん保険は単体で加入することもありますが、医療保険の特約として加入するタイプもありますね。料金としては1000~3000円の間ですね。

 

 例えば、1500円だとしたら、1年で18000円、10年で18万円、20年で36万円です。加入期間によっては、終身ではなく、更新する必要があるので、更新が必要な場合は値段がもっとあがります。

 

 がん保険は、がんと診断をされたら支払いが始まるものであり、同じがんであっても闘病が長引いた場合には、保険が切れてしまうことがあります。保険商品はがんとして診断をされたら、そのがんに対しての診断・治療について支払いを行うものであり、上限が決まっていることが多いためですね。

 

 高度先端医療を取り入れているところもありますが、高度先端医療は例えば、全国で数名しか受けられない物という可能性があるので、本当にその医療が受けられるのかと言う疑問がありますね。一度、突っ込んで聞いてみたことがありますが、高度先端医療を受けている人は、ほとんどいないという話を聞きました。

 

 がんと診断をされたら100万円という物もありますが、保険に加入してすぐに、がんになったのであれば、かなり得した気分になりそうですね。もし、20前半で加入をして40年後の60歳でがんになり受け取るとしたら、72万支払いで、100万円が入り、手術や入院に対してもお金が入りますが、こちらが得になる制度を企業がしているのかという疑問がありますね。

 

がん保険は必要か?

 再度、がん保険が必要かどうかを考えるときに、がんになる確率を知っておく必要がありますね。40代男性が20年後までにがんで死亡する確率は2%です。60歳であれば20年後にがんで死亡する確率は14%ですが、80歳になれば、老衰でもおかしくないし、がん細胞は細胞分裂のエラーなのであって当然かもと言えますね。

 

 40歳の10年後は0.4%。必要かな。詳細なデータはこちらを参考にしてください。

ganjoho.jp

 

 

 死亡原因で考えれば、がんで死亡するのは3人に一人と言われますが、どうやら寿命を前にがんになる可能性はかなり低いのではないかと考えられますね。もちろん、分からないという不安に対して支払いのが保険ですし、検討することは大切ですが、我が家の結果は、がん保険は不要という考えです。

 

保険の調べ方

 保険商品は本当に数が多いので、検討をしようとするのであれば、10社ぐらいの資料が必要ですし、保険だけではなく国の制度をよく知っておくことが大切になります。保険に関しては、やはり専門の人に相談をした方がいいのでしょうが、店舗でよくあるタイプは、自社商品や手数料がいい商品を勧めていたと問題にもなりましたね。

 

 そういった点では、しっかりと勉強をしている人で、いろいろな商品を検討する人に相談をした方がいいと思います。