読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトテ

日記というか日記です

逆上がりの練習は3歳から家庭で行うのが大切です

 小学校のときに、逆上がりが出来ないと言う同級生がいませんでしたか?

  逆上がりが出来ないからと言って、人生には全く関係はないのですが、小さい頃は、運動能力で周囲から評価をされることも多いので、逆上がりが出来ないと、子どもが自分は駄目だと思ってしまうことがあります。

 

 もちろん、そんな状況でも「だから何?」という気持ちになれればいいですし、自分は出来ないという挫折を学ぶのも大切なので、逆上がりが出来ないと言っても全く関係がないのですが、家庭教育の中で逆上がりの練習をしておくことが可能です。

 

 我が家では、上の子どもは3歳になる前から逆上がりの練習を行っていて、次の子どもにも練習をさせようと思っています。

 

 やり方は簡単で、子どもと向き合うようにして立ち、大人の親指を鉄棒のように握らせます。

 

 親は握られた手を、他の手で包み込むようにしてしっかりと手首の辺りまで握っていきます。

 

 うちの子どもは、「登る」「ける」という単語で、私の身体を足で蹴るようにして登ってくるので、身体が倒立した状態になったら、胸とお腹で押すようにして身体を回転させます。

 

 最初の内は、布団があるところで、様子を見ながら、どこまで出来るのかを確認して行っていたのですが、3歳を超えたころからは段々とスピードが早くなり、ジャンプした動作を加えて、回転までを一気に行うようになりました。

 

 もちろん、無理な動作をしてしまえば、関節が壊れてしまうので、子どもの体力と親がどこまで出来るかを確認しながらステップアップを図るといいですね。

 

 まずは、倒立する状態までいくと、子どもが何度もやって欲しいというので、親子ともに段々と上達をしていくことが多いです。

 

 私は運動とトレーニングをかなりしていましたし、後輩などを指導またはフォローすることも多かったので、楽なのですが、フォローするというのを身につけるのも時間がかかると思います。

 

 親子で遊びながら一歩ずつ行っていけば見に付くので、子どもと沢山遊んでもらいたいと思います。

 

 子どもの運動能力が高くなるということは、万が一の時にも自然と対処をする力が付くので、受身も家庭遊びの中で身につけさせたいと思っています。

 

 大きくなってから見に付ける場合は、身体の運動能力というスイッチが入っていないので身につけるのが大変ですが、肘をしっかりと曲げたままにする。上に蹴った足をさらに回転する方向に蹴るという2点の動作を習得するのが逆上がりが出来るようになるためのステップだと思います。