テトテ

日記というか日記です

嘘が多いこと

 子どもと話しをしていると嘘が多くて、怒るよりも、よくもこれだけ嘘をつくものだと思ってしまいますね。

  朝、起きてトイレトレーニングなので、トイレに行くよというと、「もう行ったよ」と言いますが、いやいや、起きたばっかりだし。行ってないでしょと言うと、「さっき言った」いやいや、起こしたし、それからずっと一緒にいるじゃない。

 

 ご飯を食べているときにテーブルに肘をついているので、「肘」と言うと、さっと肘を降ろして、「肘はついてないもん」。

 

 「そうなんだ、食事中は肘をついたらいけないのだよね。」

 「ついてないもん」

 

 いやいや、何かを注意したり、言う度に嘘が出てくるのですが、バレ過ぎているので、嘘を怒るつもりにもならないですね。むしろ、嘘をつけるということは、成長をした証なので、楽しく見ています。

 

 もうちょっと嘘を上手く付くといいのでしょうけど、それは数年先のことですかね。

広告を非表示にする