読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトテ

日記というか日記です

預金バカ

 預金をするのは、お金を運用して利益が出るのを他の誰かにあげるということになるので、預金をするのはだめだという意見があります。

  書籍としてまとまっているので内容はこちらを参考にしてください。

 

預金バカ [ 中野晴啓 ]

価格:907円
(2016/7/13 09:57時点)
感想(1件)

 ただ、デフレの状態であれば現金で残しておく方がいいとも言えるので状況によっても違いはあると思います。

 

 書籍では自分で運用をするということで投資信託も勧めているのですが、始めるときが高い状態だと、下落をもろにくらうことになるのでマイナスになってしまいますね。

 

 マイナスになってしまわないように、ドルコスト平均法という毎月一定額を買い付ける方法であれば、下落をしたときには、多く購入し、高いときには高値つかみをしないということになるので、平均取得単価を下げることができますね。

 

 投資信託でいいタイミングで買えば短期で利益になることもありますが、基本は長期投資に投資信託が向くと言えますね。長期投資に向くということではNISAにも向く金融商品と考えていくこともできますね。

 

 ただ、投資信託は銀行などの窓口で買う商品は手数料がえらい高いので、自分で調べて買う必要がありますね。最近では、確定拠出年金用の投資信託が販売されていて購入できるので、そちらは手数料がかなり安いですね。

 

 という確定拠出、投資信託、NISA、手数料という単語が並ぶから意味が分からなくて投資をしないという機会損失をしてしまうのがもったいないよという書籍です。 

広告を非表示にする