読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトテ

日記というか日記です

死亡保障の保険に入る

お金

 保険の話は定期的にニュースになっていますが、それだけ多く保険に入っている人が多く、見直しも多いのでしょうね。

  私が保険で重視しているのは、車の保険と同様に「自分で対応不可能な場合」に限っています。自力で対応不可能な状況は死亡だけで、高度障害になった場合は、年金制度の障害年金がありますが、こういった場合をフォローする保険は少ないですし、入ったとしても高額になってくるので、私には現実的ではないですね。

 

 死亡した場合、働けなくなった場合は、世帯の収入が激減してしまうので、今後の家族の生活に困るので、7000万円程度の死亡保障にしています。額としては大きいですが、家族の生活を考えると、トータルでは1億円を用意したいところです。

 

 遺族年金などの制度があるので、7000万円あれば、何とかなるかなというのが個人的な見解です。

 

 7000万円の死亡保障はかけられないと言う人もいるでしょうが、多分、3000~4000万円の死亡保障に医療保険などがついているので、死亡保障が低い状態になっていることが多いですね。

 

 医療保険に入っていとしても、これからの医療は入院日数も削減していく傾向にあるので、それほど入ってこないですし、死亡に向かう医療を考えたときには、300万円程度だとも言われているので、それだったら自分で貯金をしておく方がいいのではないかと思いますね。

 

 保険は自分が対応できない状況にかけるのがいいと思うので、本来は死亡と働けなくなった状況に対して保険をかけておくのが一番大切なのですが、周りに訊ねても入っている人が少ないですね。